• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 813
  • 公開日時 : 2019/06/21 11:26
  • 更新日時 : 2022/06/10 16:08
  • 印刷

【キャビトンEX】使用上の注意点はありますか?

回答

1.水硬性のため、空気中の水分によって徐々に硬化する性質がありますので、保管時は確実にキャップを閉めた状態で高温・多湿を避けて保管してください。
2.ユージノール系製品、水酸化カルシウム製剤の上に本品を填入する場合は、硬化不良を防ぐために綿球またはワセリンを介在させてください。
3.窩洞が深い場合には、深い場所に填入された本品迄充分に水分が行き渡らず、適切な硬化状態が得られない場合がありますので、他の仮封材と併用して二重仮封していただくことをおすすめいたします。
4.濡れた充填器等を用いますと形成が容易に行えます。窩洞に充填した後、濡れた充填器を用いますとインスツルメント離れが良く、表面の形成が行いやすくなります。但し、濡れた器具を用いて容器から直接キャビトンEXの採取を行いますと、水分と接触した面が硬化する恐れがありますので行わないでください。
5.水硬性のため、すぐには硬化が完了しないことから、填入後1時間程度は食事等により強く咬合しないよう患者様にご指導ください。
6.除去が困難になる場合がありますので、長期仮封は避 け、2週間程度で充填し直すことをおすすめします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます