• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1632
  • 公開日時 : 2019/06/21 11:20
  • 更新日時 : 2020/05/21 10:14
  • 印刷

【ティオン オフィス】歯肉保護レジンの使用方法はどうなりますか?

回答

歯頸部及び歯肉をエアーブローにて充分に乾燥させた後、歯肉保護レジンを歯頸部に盛り上げ、歯科用可視光線照射器で光重合させることにより、漂白処置を行う歯面に隣接する歯肉を覆うことができます。このとき、歯間部に歯肉保護レジンが入り込まないように注意します。 また、オフィスホワイトニング材が歯肉に付着するのを防ぐために、歯肉保護レジンは0.5mm 程度歯にかかるように築盛してください。
 
【照射時間】
 ・コービー(※1) :  20 秒/3歯分
 ・フリッポ(※2) :  9秒/3歯分
 ・G-ライト/G-ライトプリマ/G-ライトプリマⅡ/G-ライトプリマⅡPlus (※3) :  15 秒/3歯分
 
 ※1: 光源にハロゲンランプを採用した歯科用可視光線照射器
 ※2: 光源にキセノンランプを採用した歯科用可視光線照射器
 ※3: 光源にLEDを採用した歯科用可視光線照射器 (但し、他社製LED採用照射器を使用する場合には、 コービーの光照射時間を参考にしてください。)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます