• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7452
  • 公開日時 : 2020/11/06 00:00
  • 印刷

【セラスマート レイヤー】補綴装置の補修方法はどのように行いますか?

回答

被着面を一層削除、またはサンドブラスト【25~50μmのアルミナ/ 0.2MPa以下を推奨】処理後、新鮮面を露出させ、「G-マルチプライマー」または「セラミックプライマーⅡ」を塗布後乾燥し、 「グレースフィルゼロフロー」で補修してください 。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます