• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 788
  • 公開日時 : 2019/06/21 11:26
  • 印刷

【フジライニングボンドLC】コーティングした支台歯にテックを作製するときの注意点は?

回答

ユニファストIIなどの直接法で作製する場合、テックが取れなくなる恐れがあります。その際にはコーティングしたあとの支台歯に、ワセリンなどを一層塗ったあとでテックを作製してください。
なお、その後のクラウンなどの本合着の際は、使用したワセリンを完全に除去し、ご使用ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます