• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 202
  • 公開日時 : 2019/06/21 11:30
  • 更新日時 : 2020/04/17 14:40
  • 印刷

【グラディア】光重合器はどのメーカーのものでも使用できるのですか?

回答

ラボライトLV-I・LV-II・LV-III、プチライトPL-I、ラボキュアHL/L、他社の光重合器の、松風・ソリディライト、モリタ・αライトI、αライトII、モルテン・ハライドマスター、ヘレウスクルツァー・デンタカラーXS、ユニックスでは、問題なく重合いたします。

照射時間は下記の通りです。

なお、東邦・トゥインクルQ、ヨシダ・ブルーサンダーのような、紫外線照射器や紫外線領域の光も照射している可視光線照射器は、レジンの積層界面より剥がれる恐れがあるため使用しないでください。

 
予備重合照射時間 ラボライトLV-I・αライトI その他の上記光重合器 ラボキュアHL/L
1.ファンデーションオペーク 3分 1分 30秒
2.マージンオペーク
3.オペーク
4.オペーカスデンチン 1分 30秒
5.デンチン
6.ショルダーデンチン
7.エナメル
8.ハローエナメル
9.パールエナメル
10.エナメルインテンシブ
11.トランスルーセント
12.サービカルトランスルーセント
13.マメロンステイン
14.インテンシブカラー
[最終重合照射時間] 5分 3分 90秒

なお、デンタカラーXS、ユニックスは、1.ターンテーブル機構がない、2.光が上面からの一方向からしか照射されないため、修復物のグラディア築盛部分に光が当たらない部分ができないように注意して、角度をかえて複数回重合作業を行ってください。

また、一箇所に光照射する時間が、デンタカラーXS、ユニックスの最長設定時間である90秒を超えて光照射した場合は、次の築盛作業に移る前に、コンポジットプライマーを一層全面に塗布し、60秒光照射してから作業を続けてください。
光照射がうまくされれば、硬化後のグラディアに問題のない物性が出ることを確認しています。

<注意点>
お使いになる光照射器の性能をご確認ください。
光照射器は定期的にメンテナンスを行い、光照射能力等を維持していただけますようお願いいたします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます