• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1535
  • 公開日時 : 2019/06/21 11:20
  • 更新日時 : 2020/05/12 10:30
  • 印刷

【ファイバーポスト】ファイバーポストコア除去後の再処置のステップはどうなりますか?

回答

ダイヤモンドバーでファイバーポストコアを除去した後、ユニフィルコアEMセルフエッチングボンドを同滴数採取し5秒間混和・塗布・30秒放置 ⇒中圧エアーで乾燥 ⇒光照射(GライトプリマIIPlus:10秒) ⇒ユニフィルコアEMを築盛
※同時にファイバーポストを直接法で用いる場合の手順は、添付文書を参照してください。
※除去後のポスト孔内にユニフィルコアEMが残っている場合は、セラミックプライマーIIを塗布し、乾燥後、ユニフィルコアEMセルフエッチングボンドをご使用ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます