• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1432
  • 公開日時 : 2019/06/21 11:21
  • 更新日時 : 2020/04/23 11:04
  • 印刷

【イデアベスト】銀合金の鋳造時における注意点は何かありますか?

回答

銀合金の鋳造の際に、室温まで鋳型温度を下げてから鋳造される方がいますが、クリストバライトの転位温度である250℃以下に鋳型温度を低下させると、急激な収縮により、鋳型に亀裂が入ることがあります。また、膨張も小さくなってしまいます。 弊社銀合金製品の使用説明書に記載されているように、鋳型温度は300~400℃で鋳造を行ってください。 室温放冷する場合には、室温に出してから5分以内に鋳造を行ってください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます